WEB生活を始める前にウイルス対策

WEBサイトを閲覧するときは温度計測ソフトでにらめっこ

WEB生活を始める前にウイルス対策 現在のWEBサイトは非常に多彩な見栄えと内容となっていて、ページ内にフラッシュ動画がたくさんだったり音声プレーヤーを埋め込んだりなどしている場合があります。これで世界中のいろんな映像や音声をリアルタイムに生で視聴ができるなどの恩恵をもたらしてくれたりなどします。また今頃のラジオの一部などは単に音声を流すだけでなく、スタジオの様子がライブカメラでどうなってるかを伺い知ることもできるようになっていて、ある意味ではテレビの領域に食い込んでいます。

しかしこれらページ内に埋め込まれた動画や音声視聴を行う場合はある種の注意を常にしておかないとなりません。1つはパソコンの温度上昇対策です。パソコンはCPUという部品から熱を発しています。この熱が100度を超えると強制終了させられてしまいます。またこれとは別にHDDハードディスク内の温度が42度を超えるとパソコンの内部の部品が高温のため劣化しやすくなり、寿命を短縮させてしまう1つの要因となってしまいます。パソコンは熱に弱いですが、その熱管理をするためには無料で温度計測ソフトのインストールをして常にサイトを見ながら温度のチェックをしなければなりません。温度が上昇しすぎたらいったんパソコン使用を中断するなどの勇気が必要だし、使うにしても夏場は冷房と扇風機で風をパソコンに向けて当て続けるとかなど冷却対策をしていかなければなりません。さて問題のWEBの温度上昇ですが、動画や音声視聴は埋め込まれたプレーヤーの種類によってはいつもよりもたくさんのエネルギーを使わされることになります。それがいつもよりもさらに温度を上昇させてしまうことになります。もしある特定のサイトに埋め込まれた動画や音声を視聴していて、他のサイトに埋め込まれている動画や音声と比較して、いつもよりも温度上昇が激しいならば、そのサイトはある意味では視聴に優しくないサイトであるといえます。無理をして視聴を続けて温度上昇と強制終了を何度も招いてパソコンの寿命短縮を推進したくなければ、そのサイトでの視聴をあきらめる勇気をもたねばなりません。